カラーリングの色落ちを防ぐならこのシャンプー

カラーリングでキレイな髪色になっても、日がが経つにつれだんだんと色落ちしていきます。
人によってはあっという間に色落ちしたなんて人も少なくありません。
カラーリングが色落ちしてしまうのは、髪に浸透したはずの染料が外に流れ出ていってしまうためです。
原因として考えられるのは、1つはカラーリングした日にシャンプーをしてしまうためで、完全に染料が定着していないうちのシャンプーは色落ちしてしまう事があるのです。
これらの要因から考えてカラーリングしてから、24時間以上経ってからシャンプーすると良いでしょう。

 

また、髪が傷んでいる事も色落ちの原因の1つです。
仕組みは、染料に含まれるアルカリ剤がキューティクルを開く事で髪の内部に浸透し色をつけます。
髪が傷んでいるとキューティクルが開いたままになり、キューティクルの隙間から染料が流れてしまうのです。
洗浄力が強いシャンプーを使うのも色落ちの原因となります。
安価で市販されている高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーは洗浄力が強いため、カラーの持ちを悪くします。
そしてカラーリングの色落ちを防ぐなら、おすすめはアミノ酸系シャンプーです。

 

そして、カラーリングの持ちを良くするためには、髪のダメージを極力減らすことが大切です。
ですから毎日のシャンプーに気を配ることが必要なのです。
髪に与えたダメージを補修していくヘアケアを心がけましょう。
洗浄力が弱く頭皮や髪に優しいだけでなく、痛んだ髪を補修していきます。
そのためカラーリングの持ちを良くすることができるのです。
アミノ酸系シャンプーは現在、美容業界でも多く使用されており、いろいろなアミノ酸系シャンプーが販売されています。
その中でも特におすすめしたいのがハイビスカスシャンプーです。
老化の元と言われている活性酸素を抑制する機能もある、ハイビスカス葉エキスが配合されたシャンプーです。
髪と頭皮を優しくケアしながら洗い上げます。